【印刷用レイアウト】

共通メニュー

天政松下について

社長あいさつ

天政松下では日本独自の食文化である漬物をより昇華させ、未来永却に受け継ぐ事が 使命であると思っております。そして食を通じて社会に貢献することであると考えております。
そのためには「お客様に食べて頂いて喜ばれ、感動され、感謝して頂ける価値ある商品を造ること」が大事であると考えています。
また日本の食料自給率が40%を切る現状にあって、日本国が堂々と自主独立国として生きていくためには、日本農業の再構築が必要不可欠であると考えております。 そのためには農家が喜んで作付けを増やし、その労働に合った収入があり、後に続く者が喜んでその仕事を引き継ぐ環境が必要であり、そのお手伝いに漬物は貢献できるのではないか、と自負しています。つまりお米をおいしく食べられる名脇役が漬物であると心得ております。
天政松下はこれからも「おかげさまで」という感謝の心を忘れず、歴史と伝統を知恵に変え、より良い商品づくりと、安心・安全はもちろん健康的な食生活の推進者として、精進を続けてまいります。

天政の由来

天政とは、設立者松下政治郎が明治中期に天王寺村(東成郡大字国分)に住み天王寺村の政治郎が通称天政(てんまさ)さんと 呼ばれたため、大正期より屋号として天政を名乗ったことに由来します。

株式会社 天政松下 行動計画

社員が仕事と子育てを両立させることができ、社員全員が働きやすい環境をつくることによって、
全ての社員がその能力を十分に発揮できるようにするため、次のように行動計画を策定する。

1.計画期間

平成27年4月1日から平成29年3月31日までの2年間

2.内容

目標1: 育児休業に関する各種法律を活用し、育児休業取得者を増加する。

対策1: 平成27年4月から
◇出産予定者に対し、育児休業の各種制度を説明し、育児休業が取得できることを理解してもらい、また、社会保険制度や雇用保険制度による休業期間中の補償についても説明し、円滑に休業を取得できることを従業員に周知させる。

目標2: 育児休業から復帰後の労働環境を整備する。

対策2: 平成27年4月から
◇育児休業復帰者に対する理解を促進するため、管理職に対し、育児休業復帰後の対応や、勤務形態、子の看護に要する休暇の説明などを行う。

ページトップへ

  • お漬け物処 天政松下
  • 細川さんの食いしん坊日記
  • JAS
  • JAB
  • SGS