【印刷用レイアウト】

共通メニュー

品質・安全について

天政松下の基本方針「顧客第一主義」

これはお客様のご要望を最優先し、お客様が満足される品質の商品を第一に考えて物造りをして行こう、という理念に基づいています。
そしてこの基本方針の実現には法令遵守(コンプライアンス)が必要不可欠な条件として要求されます。
伝統的なお漬物の製造においても、現在では様々な法令や科学的な根拠が求められる時代になってきました。天政松下では伝統製法をいかに法令に則った形でまた科学的に裏付けられた形で標準化し、規格化し、より安全で安心な物造りができるか、その点に精進と研鑽を続けております。

天政松下の基本方針「顧客第一主義」

標準化・規格化への取組み

天政松下では業界に先駆けて2000年に国際規格ISOを取得し、まず社内の仕組みそのものを標準化し、改善進化し続ける体質となるようその礎を築きました。
また2002年にはJASの認定工場として認められ、その設備においても安心・安全な物造りができる環境を整備しました。
ISOとJASの両面から標準化・規格化を学び、伝統製法をいかに科学的に分析し、どうやって安定した品質の商品に結びつけて行くのか、と言うことに日々腐心しております。

標準化・規格化への取組み

原料野菜への思い

国産野菜の使用は当然のこととして、季節によって産地が変わっても製品の品質が変わらないように常に細心の気配りをしています。
まず仕入れ段階から、季節と産地によって異なる品種を確認し、弊社の規格にあった原料のみを仕入れるようにしております。
そして入荷した野菜はプロの厳しい目で選別し、良い素材だけを使用します。

原料野菜への思い

  • 工場での品質管理
  • こだわりの野菜

ページトップへ

  • お漬け物処 天政松下
  • 細川さんの食いしん坊日記